韋編三絶(いへんさんぜつ)

韋編三絶 Fotor

占いの原点とも言われる易。その一種神秘的な方法に人としてのあるべき姿を見いだされた孔子様。50歳頃から易を学び始め、晩年は易に没頭したとも言われている。そんな孔子様が、綴じ紐が三度切れてしまうほどに易の本を学ばれたことを著す四字熟語がこの韋編三絶。一冊の書籍を繰り返し繰り返し読むことをいう。

<四字熟語の処世術>
http://www.nasiweb.jp/?lid=773

<スポンサーリンク>

<ワンクリックが元気の素です!>

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

カテゴリー: 四字熟語 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です