シドニーでお世話になった厚尚さんへ

厚尚さんとの出会いはオペラハウスの側のバーで開かれていたミートアップでした。彼は日本企業で働くエンジニアで、我が家にお越し頂いたり、また私が彼の部屋にお邪魔したりと、仲良くおつきあいさせていただきました。彼の部屋からはハーバーブリッジが目の前に見え、シドニー湾を行き交う客船やヨットを眺めているだけで、気分がリラックスできました。さらに、彼が作ってくれるシフォンケーキ、彼がいれてくれるコーヒーを頂けば、もう最高の安らぎの一時でした。また、シドニー年末最大のイベント、花火大会を彼の部屋から見たときには、言葉を失うほどでした。何のお返しもできないので、彼のために書を紡いでみました。

春日谷ブログ用

縁ありて(EN ARITE)
厚き心に(ATSUKI KOKORO NI)
ふれる今(FURERU IMA)
尚うは唯(KOINEGAU WA TADA)
道求むるを(MITI MOTOMURU WO)

縁あって異国の地で出会ったこと、そして数々のご厚情を賜ったことに深く感謝申し上げます。この地を去る今、あなたが真の道を知り、その道を求めてくださることを、ただ願うばかりです。

<スポンサーリンク>

<ワンクリックが元気の素です!>

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

カテゴリー: ライフメッセージ パーマリンク

シドニーでお世話になった厚尚さんへ への2件のフィードバック

  1. 渡邊 尚子 のコメント:

    初めまして!
    Instagramでいつもイイねありがとうございますm(_ _)m
    英語はフィーリングで読ませて頂いて、こちらへ飛びました。
    日本語で書いてあったのでホッ!
    素敵な書ですね。
    私も小学校の頃6年間書道教室に通わされました。
    もう長いこと筆を取っていませんが、60の手習いでまた書きたくなりました。
    ありがとうございます!
    ブログも楽しみにしています。

  2. yoshi のコメント:

    尚子さん
    コメントありがとうございます。HAPPYHIMAWARIさんの作品、見せてもらってますよ。こちらこそ、いつも見ていただき感謝しています。ブログも拝見いたしました。いろんな勉強をされ、実生活に生かしておられるというのは素晴らしいですね。ブログも見せていただこうと思います。これからもよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です